名古屋大学人文学研究科 Graduate School of Humanities / School of Humanities

言語学分野公開講演会

第2回

題目:日本語と韓国朝鮮語の対照研究
講師:生越直樹先生(東京大学大学院総合文化研究科教授)

主催:平成29年度名古屋大学大学院人文学研究科研究プロジェクト経費「日本語学・日本語教育学分野の教育研究の国際化・活性化プロジェクト」

日時: 2018年1月29日(月) 午後4時半~6時
場所: 名古屋大学・東山キャンパス 全学教育北棟406室
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
(地図の「B4①」番)
交通案内: 地下鉄名城線「名古屋大学駅」①番出口徒歩5分
http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html
協賛:日本語用論学会中部支部
入場無料・事前申し込み不要

講演内容:

日本語と韓国朝鮮語の対照研究から見えてくる両言語の特徴について述べるとともに、対照研究のあり方、目指す方向について考えてみる。具体的には、テンス表現、属格表現、名詞文などを取り上げ、両言語の異同からどのような特徴が見えてくるかを論じる。

参考文献
生越直樹(1997)「朝鮮語と日本語の過去形の使い方―結果状態形との関連を中心にして」,『日本語と朝鮮語(下巻)』国立国語研究所編(担当 生越直樹),くろしお出版,pp.139-152.
生越直樹(2011)「日本語と朝鮮語は本当に似ているか-属格助詞の対照研究」,『言語科学の世界へ ことばの不思議を体験する45題』(東京大学言語情報科学専攻編),東京大学出版会,pp.46-60.

問合せ先: 堀江薫 ( horie@lang.nagoya-u.ac.jp )


第1回

題目: Grammar of sound : Ideophones ans synesthesie perception in Korean
講師: Professor Seongha Rhee (Hankuk University of Foreign Studies)

主催:平成29年度名古屋大学大学院人文学研究科研究プロジェクト経費「日本語学・日本語教育学分野の教育研究の国際化・活性化プロジェクト」

日時: 2017年12月18日(月) 午後5時~6時半
場所: 名古屋大学・東山キャンパス 全学教育北棟406室
http://www.nagoya-u.ac.jp/access-map/index.html
(地図の「B4①」番)
交通案内: 地下鉄名城線「名古屋大学駅」①番出口徒歩5分
http://www.nagoya-u.ac.jp/access/index.html
協賛:日本語用論学会中部支部
入場無料・事前申し込み不要

講演内容:

Korean has a large inventory of ideophones. Korean sound symbolism involves vowel polarity, consonantal tensing and aspiration, and reduplication, the manipulation of which enables lexicalization of diverse sensations, either physical or psychological. Vowel polarity operates on the opposition between the so-called 'positive' and 'negative' vowels. Consonantal manipulation operates on the tripartite contrasts among plain, tensed, and aspirated phonetic quality. Reduplication iconically encodes multiplicity. A peculiarity in Korean ideophony is that it is widely attested across multiple domains, such as vision, audition, gustation, olfaction, etc. The operational systems of the ideophony across these perceptual and sensory domains are remarkably similar, strongly pointing to synesthetic perception. This talk addresses how perceptual events are linguistically represented, and illustrates how pervasive, systematic and productive the sound symbolism is in Korean.

問合せ先: 堀江薫 ( horie@lang.nagoya-u.ac.jp )

News & Events