名古屋大学人文学研究科 Graduate School of Humanities / School of Humanities

挨拶

greeting.jpg

 人文学研究科は、人文学の研究を通して世界の諸課題に取り組む強い意欲を持ち、研究に必要とされる専門知識と言語能力を備え、研究対象を論理的、実証的に考察し、その成果を的確に論述できる能力をもつ人を求めます。

 人文学研究科は、文学研究科、国際言語文化研究科、及び国際開発研究科国際コミュニケーション専攻という3つの人文系教育研究組織の統合によって、平成29年4月に発足しました。

 人文学研究科では、高い学識を身につけ、人間の社会と文化を深く理解し、短期的な利害や損得に左右されず、長期的な観点から国際社会及び地域社会の諸問題に対応できる人材を養成することを目指しています。そのためには、広い視野を持ち、大局的、俯瞰的な見方を身につけることが必要です。

 人文学研究科には多様な学問領域があります。人文学研究科では、それぞれの学問の伝統と固有の方法にもとづいて、人間の言葉やその表現としての文学作品、知識や思想、人間行為に満ち溢れた文献、芸術や芸能などの文化遺産、あるいは出土遺物といった様々な対象に対して、真摯にアプローチすることによって専門性を身につけます。同時に、それらの対象を、人類が長い歴史の中で作り上げ、蓄積してきた知的遺産の総体として捉え、人間の本質について問いかけることを通して、人文学の幅広い学識を獲得します。

 人間、及びその活動の所産に関心のある若き学究の皆さん、人文学研究科は皆さんの柔軟な発想や豊かな想像力を必要としています。ぜひ、名古屋大学人文学研究科の門をたたいてください。

News & Events